生命科学と農学の発展に貢献

農生命科学専攻には,生命科学コース,農林生産学コースを置きます。本専攻では,生命機能を科学する能力を備え,農林生産物を利活用するための高度な専門知識・技術・課題解決能力を有し,かつ国際感覚に優れ自立的で人間性豊かな高度技術者・研究者を養成します。

・教育目標 ・アドミッションポリシー ・カリキュラムポリシー ・ディプロマポリシー


生命科学コース

生命科学コースでは、生物を分子から生態系まで様々な階層から捉え、最先端の技術を駆使し、生命現象の全体像を解明し、それらをヒトの未来社会に生かすことを目的として教育・研究を行っています。教育では、生命現象に関する基礎から応用までの多彩な講義・演習プログラムを用意し、柔軟な発想力に基づいて自ら研究を推進する能力、コミュニケーション能力、物事を多面的に捉えて本質を見抜く思考能力などを身につけることができるよう、セミナーや研究指導を行っています。将来、生命科学の研究・教育に携わることを希望する人、バイオメディカルや機能性食品等の分野で活躍したい人、生態系を複合的に理解して環境問題に対処したいと考えている人など、従来の生物・バイオテクノロジー関連分野の枠を超えた研究や産業の新分野を開拓しようとする人たちに最適な教育プログラムです。

農林生産学コース

農林生産学コースは,資源作物・畜産学,園芸食物科学,農業経済学,森林学の4コースからなる農林生産学科の学部教育をより高度化させます.農業生産,農業経済,森林管理に関する多角的な解析を通して,食料・農林業・農山村の広範囲にわたるメカニズムや多様性を学び,農林生産学分野の理解を深めること,農林生産分野の諸課題の研究を主体的に進め,その内容を的確に表現できる能力を身につけることを教育の目標としており,農林生産物に関する持続可能な生産技術,農業経営・経済についての総合的な知識を身につけ,農林業や農山村がもたらす豊かな人間生活の実現に貢献できる高度技術者・研究者を育成します.

○教育目標

生命科学コース

 共通科目の履修により,英語力,数理・情報能力を高めるとともに広範囲な自然科学分野の理解を深めます。専門科目の履修により,生命分子の化学的な解析手法から,微生物,植物,動物に渡る広範囲な生物種の基本的メカニズムや多様性を学び,生命科学分野の理解を深めます。セミナーでは,国際誌に掲載されている最新の研究論文を精読し,研究の背景を十分に理解できる能力を身につけます。特別研究では,主指導教員の指導を中軸として,副指導教員の協力を得て,生命科学分野の諸課題の研究を主体的に進め,その内容を表現できる能力を身につけることを目標とします

農林生産学コース

共通科目の履修により,英語力,数理・情報能力を高めるとともに広範囲な自然科学分野の理解を深めます。専門科目の履修により,農業生産,農業経済,森林管理に関する多角的な解析手法から,食料・農林業・農山村の広範囲にわたるメカニズムや多様性を学び,農林生産学分野の理解を深めます。セミナーでは,農林生産学に関する国内外の最新の研究論文を精読し,研究の背景を十分に理解できる能力を身につけます。特別研究では,主指導教員の指導を中軸として,副指導教員の協力を得て,農林生産学分野の諸課題の研究を主体的に進め,その内容を表現できる能力を身につけることを目標とします。

○アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

生命科学コース

生命科学コースでは,個々の生体分子の構造や性質ならびに相互作用の解明を通じて,細胞・個体・集団・生態系レベルでの調節機構や協調作用を理解することで,生命現象の原理追究に興味をもつ学生,また社会の健全な発展に向けた技術や製品開発に興味をもつ学生を求めます。本コースでは,生命現象を総合的に理解し探究するうえで必要となる,分子から細胞,個体,集団,生態系に至る幅広い知識と研究技能を持ち,かつ柔軟な発想力と実行力をそなえた人材を育成する教育を行います。 本コースで提供される講義科目等を履修・修得し,研究を行うためには,日本語及び英語の語学力に加え,生物学や生命工学の基礎知識が必要です。そのため,それらの基礎学力を備え,研究に対する高い意欲と明確な目的意識を有する学生を受け入れます。

農林生産学コース

農林生産学コースでは,農業生産,農業経済,森林管理に関する多角的な解析手法から,食料・農林業・農山村の広範囲にわたるメカニズムや多様性を学び,農林生産学分野の理解を深める過程で,専門分野の諸課題の研究を主体的に進め,その内容を表現できる能力を身につける教育を行います。 本コースでは,農林産物に関する持続可能な生産技術や,農業経営・経済についての総合的な知識を身につけ,農林業がもたらす豊かな人間生活の実現を目指します。そのために農林生産学分野に関する科学的基礎力と応用力,ならびに専門領域の基礎知識を備え,農林業生産が抱える諸問題の解決に強い関心と熱意,研究への意欲を持った学生を受け入れます。

○カリキュラム・ポリシー(教育課程編成方針)

生命科学コース

  1. 研究科共通科目では,自然科学全般に及ぶ幅広い見識,科学的な英語能力,国際感覚,高い倫理観,プレゼンテーション力,実践力および農生命科学の体系的な知識を身につけることで,高度技術者・研究者に必要とされる基礎力を養成します。
  2. 専門科目では,生命科学の高度な知識を修得するとともに,他専攻の科目の履修により学際融合的な知識を深めることで,生物資源科学の高度技術者・研究者として必要とされる専門的で広範な能力を養成します。
  3. セミナーでは,研究成果や調査内容,自らの思考などを論理的に説明し,議論する力を養成します。
  4. 特別研究では,主指導教員及び副指導教員の指導のもとに,高度な専門技術の習得を図るとともに,修士論文の作成を通して,創造的な研究能力,論理的思考能力,問題解決能力を養成します。口頭発表などの審査を含め,複数の教員による厳正な審査が行われます。

農林生産学コース

  1. 研究科共通科目では,自然科学全般に及ぶ幅広い見識,科学的な英語能力,国際感覚,高い倫理観,プレゼンテーション力,実践力および農生命科学の体系的な知識を身につけることで,高度技術者・研究者に必要とされる基礎力を養成します。
  2. 専門科目では,農林生産学の高度な知識を修得するとともに,他専攻の科目の履修により学際融合的な知識を深めることで,生物資源科学の高度技術者・研究者として必要とされる専門的で広範な能力を養成します。
  3. セミナーでは,研究成果や調査内容,自らの思考などを論理的に説明し,議論する力を養成します。
  4. 特別研究では,主指導教員及び副指導教員の指導のもとに,高度な専門技術の習得を図るとともに,修士論文の作成を通して,創造的な研究能力,論理的思考能力,問題解決能力を養成します。口頭発表などの審査を含め,複数の教員による厳正な審査が行われます。

○ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

修士(生物資源科学)

  1. グローバルで多角的な視野と学際的な幅広い見識,高い倫理観を備え,各専門分野の課題に取り組む実践力を有している。
  2. 英語文献から専門知識等を習得・理解することができ,さらに英語による基礎的なコミュニケーション能力を有している。
  3. 生物学を基礎とした環境共生科学,生命科学あるいは農林生産学に関する生物資源科学(生物学と農学を融合した学問体系)の高度な専門知識と技術を身につけている。
  4. 各専門分野における知識と技術に基づいた創造的な研究能力,論理的思考能力,問題解決能力を有している。
  5. 研究成果や自らの思考を論理的に説明するための高度なプレゼンテーション能力と高いコミュニケーション能力を有している。
  6. 豊かな教養と国際感覚を持ち,専門分野の社会的意義を理解し,専門分野を通じて社会の発展に貢献できる。 ※農生命科学専攻では,生命現象の解明や生物多様性などの基礎分野および生産技術,分子育種や機能性食品素材等の開発などの応用分野を中心に,理学(生物学)と農学が融合した学問領域について学びます。